相続Q&A

財産評価 ― 土地

路線価方式により評価する際の計算方法を教えてください。

路線価方式により宅地を評価する場合の計算方法は、下記のとおりです。

1.宅地の一方のみが路線に接している場合
  路線価×奥行価格補正率×地積

2.正面と側方が路線に接している場合
  ① 正面路線価×奥行価格補正率(円未満切捨)
  ② 側方路線価×奥行価格補正率×側方路線影響加算率(円未満切捨)
  ③ (①+②)×地積

3. 正面と裏面が路線に接している場合
  ① 正面路線価×奥行価格補正率(円未満切捨)
  ② 二方路線価×奥行価格補正率×二方路線影響加算率(円未満切捨)
  ③ (①+②)×地積

4.三方又は四方が路線と接している場合
  2と3の方法を併用して計算した1㎡あたりの価額×地積

(宅地評価の事例)
qa7_1

(手順①)地区区分の決定
下記の表により、評価しようとする宅地の「地区区分」を決定します。
地区区分は路線価の価格に表示されている記号により判定します。

qa7_2

(国税庁HPの路線価図より抜粋)

(手順②)正面路線、側方路線、二方路線の決定
  正面路線・・・路線価に奥行価格補正率を乗じて求めた価額の高い方の路線
  (1)900千円×0.99(奥行11m)=891千円
  (2)600千円×1.00(奥行23m)=600千円
  (3)400千円×0.99(奥行11m)=396千円
  正面路線・・・(1) 一番高い路線
  側方路線・・・(2) 正面路線の側面
  二方路線・・・(3) 正面路線の裏面

qa7_3

(国税庁HPより抜粋)

(手順③)加算率の決定
側方路線及び二方路線に乗じる「加算率」を決定します。
加算率は地区区分によって異なっており、側方路線の場合は、
角地又は準角地によっても異なります。

角地又は準角地の判定

qa7_4

(国税庁HPより抜粋)

(手順④)土地評価額の確定
  (1)900千円(正面路線)×0.99(奥行11m)=891千円
  (2)600千円(側方路線)×1.00(奥行23m)×0.08(加算率)=48千円
  (3)400千円(二方路線)×0.99(奥行11m)×0.05(加算率)=19.8千円
  (4)((1)+(2)+(3))×253㎡=242,576.4千円

上記の例は整形地である場合の評価となっていますが、土地の形状や道路幅、近隣の状況などにより 上記以外の補正を行うことがあります。

>> 一覧へ戻る

お問合わせ

米本合同税理士法人
【梅田オフィス】
大阪市北区大深町3番1号
(グランフロント大阪 タワーB 14F)
TEL 06-6375-7125
FAX 06-6375-7126

アクセスマップ

【岸和田オフィス】
大阪府岸和田市別所町2丁目17番1号
TEL 072-439-0300
FAX 072-430-2158

アクセスマップ