相続Q&A

財産評価 ― 土地

抵当権の設定されている土地の評価方法を教えてください。

抵当権の設定されている土地については、抵当権の設定されていない土地と全く同じ評価額となります。不動産所有者は、抵当権設定後も担保となっている土地を抵当権者や債権者に引渡すことなく自由に使うことができます。このように抵当権自体は、従たる権利であり独立した財産を構成しません。また抵当権は、債務者が債務を弁済した場合に消滅するものであり、仮に抵当権が行使されたとしても債務者に対して求償権が発生します。上記の理由により、土地に抵当権が設定されていたとしても土地の評価額を減額することはできないものと考えられます。
抵当権については、登記事項証明書(登記簿謄本)の「乙区」所有権以外の権利に関する事項に記載されています。

>> 一覧へ戻る

お問合わせ

米本合同税理士法人
【梅田オフィス】
大阪市北区大深町3番1号
(グランフロント大阪 タワーB 14F)
TEL 06-6375-7125
FAX 06-6375-7126

アクセスマップ

【岸和田オフィス】
大阪府岸和田市別所町2丁目17番1号
TEL 072-439-0300
FAX 072-430-2158

アクセスマップ