相続Q&A

財産評価 ― 宅地の上に存する権利

使用貸借の意義とその評価方法について教えてください。

使用貸借とは、土地等の賃貸借について権利金や地代を収受せずに締結される契約のことをいいます。通常、土地等の賃貸借契約が締結された場合には地主と借地人との間で権利金や地代の収受が行われます。しかし、地主と借地人との関係が、親子、夫婦などの特殊関係にある場合には利害が対立することがないため、権利金や地代を収受する例は少なく、通常は使用貸借契約(無償契約)を締結するのが一般的です。なお、目的物に係る通常の費用(土地である場合には貸主に課される固定資産税相当額)を借主が負担した場合においても、無償の範囲に含まれます。

qa9

使用貸借契約が締結された土地の評価方法は、下記の通りです。

借主の取り扱い
建物等の所有の目的として使用貸借による土地の借り受けがあった場合においても、当該土地の使用貸借に係る使用権の価額は零として取り扱うため、借主に借地権の認識はないものとされます。

貸主の取り扱い
使用貸借に係る土地の評価額は、借主の使用借権の評価が零であることとの均衡を図るため、当該土地を自用のものであるとした場合の価額で評価されます。

>> 一覧へ戻る

お問合わせ

米本合同税理士法人
【梅田オフィス】
大阪市北区大深町3番1号
(グランフロント大阪 タワーB 14F)
TEL 06-6375-7125
FAX 06-6375-7126

アクセスマップ

【岸和田オフィス】
大阪府岸和田市別所町2丁目17番1号
TEL 072-439-0300
FAX 072-430-2158

アクセスマップ