相続Q&A

財産評価 ― 生命保険金等

生命保険金等の非課税について、その計算方法を教えてください。

被相続人の死亡により取得した生命保険金等で、その保険料の全部又は一部を被相続人が負担したものについては、相続財産とみなして相続税が課税されます。しかし、被相続人の死亡後における相続人の生活保障という観点から全額課税とするのは社会通念上なじめないため、相続人(相続を放棄した人や相続権を失った人は含まれません。)が取得した死亡保険金について、下記の算式により計算した金額が非課税とされています。

(計算式) 非課税金額=500万円×法定相続人の数

なお、各相続人ごとの非課税金額の計算は、下記の算式により計算されます。

・各相続人が取得した生命保険金等の合計額が、上記算式による非課税金額以下である場合・・・・各相続人が取得した生命保険金等の合計額

・各相続人が取得した生命保険金等の合計額が、上記算式による非課税金額を超える場合

qa2

>> 一覧へ戻る

お問合わせ

米本合同税理士法人
【梅田オフィス】
大阪市北区大深町3番1号
(グランフロント大阪 タワーB 14F)
TEL 06-6375-7125
FAX 06-6375-7126

アクセスマップ

【岸和田オフィス】
大阪府岸和田市別所町2丁目17番1号
TEL 072-439-0300
FAX 072-430-2158

アクセスマップ