相続Q&A

財産評価 ― 生命保険金等

生命保険契約に関する権利の意義及び評価方法を教えてください。

生命保険契約(※掛捨保険を除く)締結後に支払われる保険料の中には、将来の受取保険金又は解約時の解約返戻金の原資に充当される貯蓄的な性格を有する部分が含まれるものと考えられます。この貯蓄的性格に相当する部分を生命保険契約に関する権利といいます。

※掛捨保険とは、一定期間内に保険事故が発生しなかった場合において、返還金その他これに準ずるものの支払いがない生命保険契約をいいます。

(例)Aが死亡した場合
qa3_1

生命保険契約に関する権利は、その生命保険の契約者が権利を相続することになり、その契約者に相続税が課税されます。
この場合、保険契約者が被相続人であるときは、民法上の財産(本来の財産)となり、保険契約者が被相続人以外の者であるときは、※みなし相続財産となります。

※みなし相続財産とは、民法上の財産(本来の財産)でないにも関わらず、相続税を計算する場合にのみ相続財産に含まれる財産をいいます。

(例)Aが死亡した場合
qa3_2

本来の財産となる場合は、遺産分割協議により相続する者(次の契約者)を決めることになります。

生命保険契約に関する権利は、その保険を相続開始の時において解約するとした場合に支払われることとなる解約返戻金の額で評価されます。解約返戻金の額は、生命保険の契約ごとに生命保険会社等に照会して金額を算出する必要があります。

>> 一覧へ戻る

お問合わせ

米本合同税理士法人
【梅田オフィス】
大阪市北区大深町3番1号
(グランフロント大阪 タワーB 14F)
TEL 06-6375-7125
FAX 06-6375-7126

アクセスマップ

【岸和田オフィス】
大阪府岸和田市別所町2丁目17番1号
TEL 072-439-0300
FAX 072-430-2158

アクセスマップ