相続Q&A

財産評価 ― 生命保険金等

生命保険契約について契約者を変更した場合に贈与税は課税されますか?

相続税法は、保険事故が発生した場合において、「保険金受取人は保険金等を保険料負担者から相続、遺贈又は贈与により取得したものとみなす」と規定しており、保険料を負担していない契約者の地位は、特に財産的な意義があるものとは考えておらず、契約者が保険料を負担している場合であっても、契約者が死亡しない限り課税関係は生じないこととされています。従って生命保険契約に関する権利が課税対象とされるのは相続税のみであり、契約者を変更した時点で贈与税は課税されません。ただし、契約者変更後に保険契約を解約し、解約返戻金を受け取った場合には、契約者はその解約返戻金相当額を保険料負担者から贈与により取得したものとみなして、贈与税が課税されます。

>> 一覧へ戻る

お問合わせ

米本合同税理士法人
【梅田オフィス】
大阪市北区大深町3番1号
(グランフロント大阪 タワーB 14F)
TEL 06-6375-7125
FAX 06-6375-7126

アクセスマップ

【岸和田オフィス】
大阪府岸和田市別所町2丁目17番1号
TEL 072-439-0300
FAX 072-430-2158

アクセスマップ