相続Q&A

財産評価 ― 死亡退職金

死亡退職金の範囲について教えてください。

退職手当金等とは、被相続人の死亡によって本来被相続人に支払われるべきであった退職手当金、功労金その他これらに準ずる給与で、被相続人の死亡後3年以内に支給が確定したものをいいます。死亡後3年以内に支給が確定したものとは、下記の事項が該当します。

①死亡退職で支給される金額が被相続人の死亡後3年以内に確定したもの
②既に生前に退職していて、支給される金額が被相続人の死亡後3年以内に確定したもの

退職手当金等として支給されるものの範囲は、「名目に関わらず実質的に退職手当金等として支給される金品」とされているため、金銭のみならず現物で支給された場合もこれに含まれます。

>> 一覧へ戻る

お問合わせ

米本合同税理士法人
【梅田オフィス】
大阪市北区大深町3番1号
(グランフロント大阪 タワーB 14F)
TEL 06-6375-7125
FAX 06-6375-7126

アクセスマップ

【岸和田オフィス】
大阪府岸和田市別所町2丁目17番1号
TEL 072-439-0300
FAX 072-430-2158

アクセスマップ