相続Q&A

財産評価 ― 上場株式、投資信託、公社債

上場株式の評価方法を教えてください。

上場株式とは、金融商品取引所に上場されている株式をいいます。

上場株式は、その株式が上場されている金融商品取引所が公表する課税時期(相続の場合は被相続人の死亡日、贈与の場合は贈与により財産を取得した日)の最終価格により評価されます。ただし、課税時期の最終価格が課税時期の属する月以前3ヵ月間の最終価格の各月ごとの平均額のうち最も低い価額を超える場合には、その最も低い価額により評価されます。

qa1

月平均額は、その月に公表された毎日の最終価格の合計額をその公表日数で除して計算されます。

課税時期に最終価格がない場合は、課税時期の前日以前又は翌日以後の課税価格のうち、課税時期に最も近い日の最終価格をもって課税時期の最終価格とします。課税時期との日数の差が同じである日に最終価格がある場合は、その平均額により計算されます。

国内の2以上の金融商品取引所に上場されている株式については、納税義務者が選択した金融証券取引所の価格により評価されます。

以上が原則的な評価方法ですが、負担付贈与や個人間の対価を伴う取引で取得した上場株式は、課税時期の属する月以前3か月間の各月の最終価格の平均額の採用が認められていないため、課税時期の最終価格によって評価されます。

>> 一覧へ戻る

お問合わせ

米本合同税理士法人
【梅田オフィス】
大阪市北区大深町3番1号
(グランフロント大阪 タワーB 14F)
TEL 06-6375-7125
FAX 06-6375-7126

アクセスマップ

【岸和田オフィス】
大阪府岸和田市別所町2丁目17番1号
TEL 072-439-0300
FAX 072-430-2158

アクセスマップ