相続Q&A

財産評価 ― 預貯金

預貯金を評価する際に既経過利子を計算する必要はありますか?

預貯金の評価は、課税時期における預入高と既経過利子の額から源泉徴収されるべき所得税の額を控除した金額との合計額によって評価されます。

(計算式)預入高+既経過利子の額×(1-源泉徴収税率20.315%)

なお、既経過利子の額は、課税時期において解約するとした場合の利率(中途解約利率)により計算されます。ただし、定期預金等以外の預貯金(普通預金等)で、課税時期における既経過利子の額が少額なものについては既経過利子の額を計算しないで、同時期現在における預入高によって評価されます。
 

>> 一覧へ戻る

お問合わせ

米本合同税理士法人
【梅田オフィス】
大阪市北区大深町3番1号
(グランフロント大阪 タワーB 14F)
TEL 06-6375-7125
FAX 06-6375-7126

アクセスマップ

【岸和田オフィス】
大阪府岸和田市別所町2丁目17番1号
TEL 072-439-0300
FAX 072-430-2158

アクセスマップ