相続Q&A

財産評価 ― その他

建物更生共済(損害保険契約)に関する権利は相続財産となりますか?

建物更生共済(損害保険契約)に関する権利については、共済契約者が死亡した時点で相続人にその契約が承継されるものであり、被相続人が契約者であった場合には、その権利について財産価値があるため相続財産となります。
この場合における権利の評価については、その契約を相続開始時点で解約する事とした場合における解約返戻金の額となります。
また、掛金負担者が契約者以外の場合については、掛金負担者が掛金を支払った都度、掛金負担者から契約者に掛金相当額の贈与があったものとされます。従って、建物更生共済(損害保険契約)に関する権利が相続財産となるのは、「被相続人=契約者」の場合のみであり、被相続人の民法上の財産(本来の財産)として相続税が課税されます。

>> 一覧へ戻る

お問合わせ

米本合同税理士法人
【梅田オフィス】
大阪市北区大深町3番1号
(グランフロント大阪 タワーB 14F)
TEL 06-6375-7125
FAX 06-6375-7126

アクセスマップ

【岸和田オフィス】
大阪府岸和田市別所町2丁目17番1号
TEL 072-439-0300
FAX 072-430-2158

アクセスマップ