相続Q&A

延納、物納

相続税の納付方法を教えてください。

相続税の納税は、原則として相続税の申告期限(相続の開始があったことを知った日の翌日から10か月以内。)までに金銭をもって税務署、金融機関、郵便局の窓口にて一括で納付することとされております。更正若しくは決定を受けた場合においても、それぞれの期限までに一括で納付する必要があります。
原則は金銭一括納付ですが、相続については例外として延納と物納があります。

延納とは、相続税が10万円を超え、金銭で納付することが難しい場合に、納税者の申請によりその納付を困難とする金額を限度して、年賦(5年~20年)で納付することができる制度です。延納には担保の提供が必要とされていますが、延納税額が50万円未満かつ延納期間が3年以下である場合は、担保を提供する必要はありません。また延納期間中は本税以外に利子税の納付が必要とされております。

物納とは、延納によっても金銭で納付されることが難しい場合に、納税者の申請によりその納付を困難とする金額を限度として物納申請財産(国債、地方債、不動産等で管理処分不適格財産を除きます。他に物納に充てるべき適当な財産がない場合は、物納劣後財産も可能です。)により納付する制度です。なお延納の許可を受けた後に延納の条件を満たせなくなった場合には、申告期限から10年以内に限り、分納期限未到来の税額部分について延納から物納への変更を行うことができます。この場合に物納財産を納付するまでの期間については、当初の延納条件による利子税を納付する必要があります。

>> 一覧へ戻る

お問合わせ

米本合同税理士法人
【梅田オフィス】
大阪市北区大深町3番1号
(グランフロント大阪 タワーB 14F)
TEL 06-6375-7125
FAX 06-6375-7126

アクセスマップ

【岸和田オフィス】
大阪府岸和田市別所町2丁目17番1号
TEL 072-439-0300
FAX 072-430-2158

アクセスマップ