相続Q&A

相続全般

相続税額を算出する際の計算方法を教えてください。

 相続税の課税方式には大きく分けて「遺産課税方式」と「遺産取得課税方式」の2通りあります。
 「遺産課税方式」とは、被相続人の遺産の総額に対して課税される方式をいい、「遺産取得課税方式」とは、相続人等が取得した遺産に対して課税される方式をいいます。
 現行の相続税額の計算には「遺産取得課税方式」と「遺産課税方式」の併用方式である「法定相続分課税方式」が採用されています。

 

具体的には、次の手順により各相続人の相続税額が計算されます。
1.相続税の※課税価格の合計額(千円未満切捨て)から基礎控除額を差し引きます。
2.1の金額を法定相続人が法定相続分で取得した場合のそれぞれの取得金額を計算します。
3.2の金額にそれぞれの税率及び控除額を適用し、各法定相続人の相続税額を計算します。
4.3で計算した相続税額を合計した金額(百円未満切捨て)を、相続人等が実際に取得した
  財産の割合で按分して、各相続人の相続税額が計算されます。

 

※ 課税価格は、次のとおり計算した価格をいいます。
image1

 

(例)平成26年12月31日以前の相続を前提

 

image2

 

上記の場合の各相続人の相続税額は次のとおりとなります。
1.(15,000万円+5,000万円)-8,000万円 = 12,000万円
2.12,000万円×1/2 = 6,000万円 (配偶者)
  12,000万円×1/4 = 3,000万円 (子A)
  12,000万円×1/4 = 3,000万円 (子B)
3.6,000万円×30%-700万円 = 1,100万円(配偶者)
  3,000万円×15%- 50万円 =   400万円(子A)
  3,000万円×15%- 50万円 =   400万円(子B)
4.1,100万円+400万円+400万円 = 1,900万円(相続税額の総額)
  配偶者の相続税額 : 1,900万円×15,000万円÷20,000万円
             = 1,425万円
  子Aの相続税額 : 1,900万円×5,000万円÷20,000万円
             = 475万円
  子Bの相続税額 : 相続財産を取得していないため、相続税額はありません。

 

※実際に納付する金額については、上記の金額から各種税額控除(配偶者の相続税額の軽減等)を
 考慮した金額となります。

 

 また、平成25年度税制改正により、平成27年1月1日から開始する相続については、下記の税率及び控除額が適用されます。
image3

>> 一覧へ戻る

お問合わせ

米本合同税理士法人
【梅田オフィス】
大阪市北区大深町3番1号
(グランフロント大阪 タワーB 14F)
TEL 06-6375-7125
FAX 06-6375-7126

アクセスマップ

【岸和田オフィス】
大阪府岸和田市別所町2丁目17番1号
TEL 072-439-0300
FAX 072-430-2158

アクセスマップ