相続Q&A

相続全般

相続人の数え方について教えてください。

民法上、相続人と成り得るのは、被相続人(死亡した方)の死亡時に被相続人と次の関係にある方とされています。

1.配偶者

2.子(その子が被相続人の死亡前に死亡している場合はその直系卑属(孫等))

3.父母(その父母が被相続人の死亡前に死亡している場合はその直系尊属(祖父母等))

4.兄弟姉妹(その兄弟姉妹が被相続人の死亡前に死亡している場合はその子)

 

このうち、配偶者・子については、常に相続人とされますが、子がいない場合又は相続放棄をした場合には父母が、子・父母ともにいない場合又は相続放棄をした場合には、兄弟姉妹が相続人とされます。

>> 一覧へ戻る

お問合わせ

米本合同税理士法人
【梅田オフィス】
大阪市北区大深町3番1号
(グランフロント大阪 タワーB 14F)
TEL 06-6375-7125
FAX 06-6375-7126

アクセスマップ

【岸和田オフィス】
大阪府岸和田市別所町2丁目17番1号
TEL 072-439-0300
FAX 072-430-2158

アクセスマップ